GREEN WORLDZ(グリーンワールズ)ってなんだ?【ネタバレ】

『GREEN WORLDZ』とは

ざっくりいうと植物によって地球が壊滅に瀕した近未来のサバイバルアクションです。ある日突然にそれまでの日常が崩れ去り、地球規模(といっても主人公の認知範囲内で)壊滅状況に陥っており、主人公のアキラは転校していった幼馴染のユイに会うために地下鉄に乗って移動中に電車が突然ストップ、様子を見に地上に出てみると地上は緑に覆われ植物が人間を襲っていた。

地下鉄の乗客、駅の職員たちはそのまま地下での生活を余儀なくされるがこのままでは食料も底をついてしまう。状況を打破するためには… というストーリーの漫画です。

いや何故か検索にひっかかってるんですよ。Search consoleで検索ワードをチェックしていると『グリーンワールズ ネタバレ』が表示はされているんだけどtonbori堂はこのワードにまったく心当たりがありません。

試しにちょっと検索結果を表示させてみました。すると『GREEN WORLDZ』という完結した漫画のようです。マンガ購読アプリ、マンガボックスで連載されており、電子書籍、単行本として8巻で完結している漫画でした。

画像はamazonより|コミックス1巻表紙|大沢祐輔著|講談社
講談社コミックプラス|『GREEN WORLDZ(1)』(大沢 祐輔)] 製品詳細 講談社コミックプラス

表紙を見るとロングコートをたなびかせた男性が大きなチェーンソーをもって、これまた「AKIRA」に出てくる巨大な胎児っぽいバケモノと対峙しているシーンがいろいろ既視感ありますが単純にカッコいい構図で興味を惹きます。

『GREEN WORLDZ』っていうタイトル

GREENは文字通り人間を襲う植物を指し。WORLDにZをつけているのは世界の終末を指しているのでは?と推察しますがどうでしょうか。もしかするとZっていうのはゾンビにもかかっているのかもしれません。というのもこの胎児のようなバケモノは人類を襲う植物が
人間を取り込み変質させた新たな生き物。新人類と呼称される生命体なのです。取り込んだ生命体の遺伝子を取り込み変質させるというと『プロメテウス』『エイリアン:コヴェナント』のエンジニアのあの黒い粒子を思い出させますね。


何故『グリーンワールズ ネタバレ』で表示されることになっているのか?

これは推察でしかないんですが、実は講談社コミックプラスでは試し読み出来ますし、pixivの公式マンガサービス、pixivコミックで1話から3話、そして幾つかのエピソードが読めるのです。新エピソードが追加され最終話まで行く感じなのでしょうが途中の話数が抜けているので補完の意味合いで1巻途中や2巻他のエピソード詳細が知りたい人が多くはないが、そこそこいるということではないでしょうか。

すみませんtonbori堂もにわかでpixivコミックで読んだくらいでしかありませんが…。多分イワトビの(チェーンソーもってる髭のカッコイイおっさん)正体は未来から来たアキラだと思います。ちなみにタイムマシンのエピソードが途中で挿入されていたんですが、これが人間を量子分解して任意のポイントで再構成、3Dプリンターのように構築するっていうのは『安堂ロイド』っぽいなと思いました。この部分のネタもいろいろ思うところありますが、面白いし凝っているなと思います。

ってことでtonbori堂が書けるのはこのくらいですが、気になる方は本を買ってみてはいかがでしょうか。電子書籍もあるようです。Amazonでも購入できますし講談社コミックプラスの公式から各購入サイトにジャンプすることも出来るようですよ。そもそもグリーンワールズってワードしか聞いてないよ、気になるよって方はまずはpixivコミックで3話まで読んでみてはいかがでしょう。リンクを貼っておきます。

GREENWORLDZ - 無料マンガサイト pixivコミック

追記20171004:当ブログが掲載順位低いながらも何度も表示されるのは、グリーンという文字やワールド、ワールズというワードが他のエントリにあり、ネタバレと明記したエントリも多いからでしょう。なぜ検索されているかは上に書いた通りだと思います。ここでもまた「無料」というワードが出てきていませんが巡り巡って影響しているようです。


広告
広告

0 件のコメント :

コメントを投稿

お読みいただきありがとうございました。ご意見などございましたら、コメントをよろしくお願いいたします。