【お知らせ】隙あらばテーマ変更17.10.01

日本のBloggerで人気のテーマ

Vaster2を導入してみました。いきなりはちょっと心配だったのでテストブログでプロポーションを整えてからの導入となりましたが、サイドバーの項目が多すぎるためしばらくは御見苦しい点があるかもしれませんが何卒よろしくお願い申し上げます。
現在のスクリーンショット



Vaster2テーマ

ブログ、トーマスイッチさんが提供してくださっている日本語レンポンシブル対応テーマがVaster2です。カスタマイズがしやすいという事で日本でBloggerを利用しているブロガーさんの中でも人気の高いテーマ(テンプレート)です。シンプルながらもレスポンシブ対応という高性能なテーマです。

詳しくはこのちらのページをご覧ください。
また元に戻すかもしれませんが暫くこれで様子を見たいと思います。
テーマ(テンプレート)をダウンロードの際は必ずトーマスイッチさんのブログエントリからダウンロードして下さい。

何故Vaster2にしたのか?

自分が、このテーマにしたというのは、SNSボタンが大きいということです。先のEmporioテーマは、海外製なのでどうしても日本のSNSと相性がよろしくないというのもあってCSSをいじってはてブとかを実装しようかとかんがえていたのですが、こちらはそういう手間をかけなくても大きくて見やすいボタンが設置されている事がいいなと思ったのです。

それと、シンプルなデザインも見やすくていいなと思いました。ただいきなりは心配なのでまずはテスト用のブログを作ってそこでいろいろ見栄えなどを検証。サイドバーやヘッダーのガジェットの寄り方や、エントリに添付した写真がセンターに寄らないとか、フォントの表示がちょっと気になったりとかありましたがテストブログでいろいろ弄って変更してみました。

変更などに関してはこちらのブログエントリを参考にさせていただきました。ありがとうございます。
プゥ二郎さんの日記|Vaster2 カスタマイズ #1 トップページ サムネイルのカスタマイズ
すたすた式|[Vaster2]左に配置されてしまう画像を個別にコントロールする

それで一応形が整ったかなと思い変更してみたという事です。

実はEmporioテーマも好き

TOPページの見え方も悪くなくスマートフォンで見る時にはSNS展開ボタンもGoogle系サービスやスマホサイトをよく見ている方ならすぐに分かると思うんで悪くないなとは思っています。けっこうおしゃれだし(笑)

とは言えCSSやHTMLも付け焼刃以下の知識しかないtonbori堂ではカスタマイズに時間がかかるのでまずは簡単なもので練習という意味合いもあります。そういうシンプルさもこのVaster2の美点の一つだと思います。

鬼門のTwitterカードで

とはいいながらもTwitterカードでまたHTML記述が上手くいってないのか代替のBloggerロゴしか出なくなり再度、Emporioに戻しテストブログで弄ってということで本当は月末に更新し、10月1日より新テーマという感じで行きたかったんですがどうも10月1日からということになりました。ということで暫くはこのテーマでいきますので何卒よろしくお願い申し上げます。

ちなみにこのVaster2テンプレートを使用してらっしゃる方は多く、かなりの前例者がいろいろ試されているようなのでtonbori堂は上に上げた方々のブログを参考にしましたがフォントやプロポーション変更などなどそれぞれに手をつけてらっしゃる方がいらっしゃいますのでそちらも参考になります。

ちなみにカラーは元のエキサイトブログでtonbori堂が最初にしていたスキン(エキサイトブログで言うところのテーマ)の色味に近い感じにしてみました。まだまだ小変更もあるとは思いますが、暫くはこのまま運用しながら考えてみたいと思います。

追記20171010:404NotFoundがBloggerの設定から効かなくなっているようです。

そんなわけで404ページを別枠で作成しました。
前回のテーマでは自動作成されていたので簡単なHTMLで記述した文章をぶっこんでいたのですが、以前に削除した記事のことでGoogleサーチコンソールから404が増えてますよというお知らせが来て、ああ404対策万全ですからと試しに飛んだらページが表示されずに真っ白だったため至急手当した次第です。
Bloggerテンプレート「Vaster2」で記事っぽい404ページの作り方 | KaKuKaKu
制作にあたってはこちらのリンク先のページを参考にさせていただきました。ありがとうございました。
広告
広告

0 件のコメント :

コメントを投稿

お読みいただきありがとうございました。ご意見などございましたら、コメントをよろしくお願いいたします。