銃器のオンパレード、拳銃は最後の武器?『ジョン・ウィック:チャプター2』

『ジョン・ウィック:チャプター2』

は殺し屋が主人公なのでたくさんの銃器が出てきます。なので当ブログのお馴染み『拳銃は最後の武器』シリーズをやろうとかと思ったのですが、『ジョン・ウィック2 銃」または『ジョン・ウィック2 銃器』で検索してみるともうめちゃくちゃ沢山その手のブログが出てきます。
ジョン・ウィック:チャプター2 コレクターズ・エディション 日本オリジナルデザインスチールブック仕様
画像はamazonより ジョン・ウィック:チャプター2 コレクターズ・エディション
 日本オリジナルデザインスチールブック仕様ジャケット(予約受付中)
|(C) Summit Inc/Lionsgate|販売元ポニーキャニオン

しかも、月曜日のレイトショーを利用して(その頃ならゆっくり座って観れる、適度に空いている)観に行ったですがけっこう満席近くで(あまり大きなハコ/スクリーンではありませんでした)パンフレットも売り切れ。パンフレットでの情報ゼロといういささか厳しい状況。とは言えやっぱり気になるので調べてみたのでちょっとここにメモ代わりに書いておきたいと思います(笑)

気になった銃は?

先の感想と気になった部分を紹介したエントリでもお話したNYの地下の帝王キングから入手したキンバー・ウォーリアー。コンチネンタル・ローマの武器ソムリエ(このワードもなにげに厨二心をくすぐるのか他のブログやニュースサイトでもめちゃくちゃ持ち上げられています。配給元のポニー・キャニオンさんがリリースした特別映像も効いてると思いますが)のおススメ、グロックの34とグロック26。ゴツいAR-15、豪快なショットガン、ベネリM4。デザートのナイフまで具体的な名称が出ているので調べるのはそれほど難しくはありませんでした。

ですがカモッラの一員で姉の持つ機構の主席の座を狙っているサンティーノの使うグレネードランチャーとか、カシアスや他の追っ手や殺し屋たちなど数多くの銃器が出てきます。いったいそれはなんなのかもあわせてちょっと調べてみました。

アーウェン37

こういう時に役に立つのが海外のサイト
Internet Movie Firearms Database - Guns in Movies, TV and Video Games
です。
こちらは映画や海外ドラマ、ゲームなど映像系のフィクションに出てきた銃のデータベースでちなみに日本にも似たようなサイトがあります。そちらもよく使わせていただいています。

そこでサンティーノの使ったグレネードランチャーの名称が判明しました。アーウェン37でした。このタイプのグレネードランチャー割とよくハリウッド映画などで出てきますが、設計が1977年。かなりオールドタイマーですが、機構が簡単な上に手軽にグレネード(榴弾)を発射出来る事から長く使用されているとの事。しかも警察の暴徒鎮圧用につくられたということです。(以上Wikipediaより)
アーウェン37ーWikipedia

他の作品では『007ネバーセイ、ネバーアゲイン』で使用されたとありました。こちらはショーン・コネリーがひさびさにボンドに復帰したという作品でしたが正式な007シリーズではないというちょっとややこしい映画でしたね。
M12 smg.JPEG
By CPL DICK S. KOTECKI, USMC - http://www.dodmedia.osd.mil/Assets/Still/2007/Marines/DM-SD-07-17338.JPG, パブリック・ドメイン, Link
画像はWikipediaより。一番上はベレッタのサブマシンガンでその下のがアーウェンです。

グロック34

34はグロック17の発展形で、実践的なコンバットシューティング競技に使われることを想定したタイプです。
『ジョン・ウィック:チャプター2』で使用されたのはノーマルのグロック34ではなくカスタムビルドされたもののようでInternet Movie Firearms DatabaseではTaran Tactical Innovations(TTI)というカスタムメーカーがジョン・ウィック用にしたてたもののようです。

外観はノーマルのグロックから弾倉(マガジン)の交換、いわゆるマグチェンジが容易いようにグリップ下の挿入口いわゆるマグウェルが広く加工されておりチェンジがしやすいように変更。スライドもサイトはターゲティングしやすいタイプに交換、スライドにはフルードと軽量化がほどこされ銃身が見えています。

TTIを調べてみると3ガンマッチというコンバットシューティング競技で名前が売れているカスタムビルダーでした。3ガンマッチというのはハンドガン、ライフル(突撃銃)、ショットガンの3つの銃を使用するコンバットスタイルの競技のようでキアヌのトレーニングシーンでもその3つを使うシーンありましたね。どうやらトレーニングにも関わっているようです。FBのTTIのページを観に行ったら、女優のミシェル・ロドリゲスがグロッグやAR-15、ショットガンをコンバットスタイルでシューティングしている動画がアップされていました。

Glock35Right.jpg
By 英語版ウィキペディアBlaqueandBlueさん - en.wikipedia からコモンズに移動されました。 Transfer was stated to be made by User:evers., パブリック・ドメイン, Link
画像はWikipediaより。写っているのは弾薬が.40S&Wの35。

ちなみにキアヌがTTIでトレーニングを受けている映像はTTIのYouTubeのチャンネルでも見れます。


映像はYouTubeより TTI公式チャンネルより

グロック26

これは17を隠し持てるようにスライド、グリップを短くした、コンシールキャリーと呼ばれるタイプです。ウィックが勧められたのは34と同じくTTIのカスタマイズされたタイプでした。でも前作でもバックアップは26を使っていましたね。足首のアンクルホルスターに忍ばせたりバックに入れたり隠し持つのにちょうどいいサイズのピストルです。

Glock 26 (6971790359).jpg
画像はWikipediaより ノーマルの26

H&K P30

前作でジョンが使用していたのはH&KのP30。コンチネンタル・ローマの銃器ソムリエにもドイツの銃器がお好みと言われていましたね。H&Kはドイツの銃器メーカーでモーゼルの流れをくむ技術者が設立。当初は精密機械やミシンをつくっていましたがやがて小火器の開発に乗り出しました。『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』では主人公の稲見たちが使用していたのはH&K USPでした。そのUSPの流れを汲むセミオートマチックです。
Koalorka H&K P30L.jpg
By Koalorka (talk) - Own work (Original text: I created this work entirely by myself.), Public Domain, Link
画像はWikipediaより

キンバー・ウォリアー

コルトM1911A1ベースのカスタムを作っているキンバーのウォリアー。これは前回のエントリでもとりあげましたが、キンバーのカスタムはロスアンジェルス市警(LAPD)のSWATが採用している事でも有名です。その名も『SWAT』という映画でチームメンバーがサイドアームとして使用していました。
Kimber Custom TLE (left).JPG
By Parsecboy - Self-photographed, Public Domain, Link
画像はWikipediaより ウォリアーではないカスタム。LAPDなどが使用。

WAキンバー・ウォリアー・ジョン・ウィックモデル
画像はAmazonより ウォリアーをモデルアップしたWAのエアソフトガン。


アーセナル・ストライクワン


これはコモン演じるカシアスが使用している拳銃です。初めて聞くピストルですがその筋では有名なようで。ダイ・ハード2でグロッグって凄い!で止まっている人としては最初グロックかなと思っていました(^^;
9x19 пистолет Стриж-Strike One - Московская Международная выставка "Оружие и Охота 2013" 02.jpg
画像はWikipediaより

というか凄くグロックに似ているのですが外見だけで中身は独自のショートリコイルを採用しているなど一味違ったものになっているとか。しかもアーセナルはイタリアのメーカーでコモン演じるカシアスはカモッラの女ボスのボディーガードなので使用しているピストルもイタリア製としたのかもしれません。ちなみにデザイナーがロシア人でロシアの制式ピストルのトライアルにでたとか。

劇中ではNYまでジョンを追ってきたカシアスがサプレッサー(消音器)を装着して街中で撃ち合うシーンがあります。この辺りも必見です。

AR-15

これはM-16の民間バージョンでアーマライト社のモデル15という意味です。実際にはアーマライトの手を離れコルトがパテントと製造権を保有していますが開発したのはアーマライトのユージン・ストーナーという人が中心となって開発がすすめられました。M16の民間バージョンのためセミオートマチックのみですが、ジョンの超絶トリガーコントロールでまるでフルオートのような射撃を劇中で披露しています。

劇中のモデルは短銃身のM4カービンスタイルでレイルシステム(光学サイトやフラッシュライト、バーチカルグリップなどを装着できる多目的マウント)をそなえたコンバットモデルでグロッグと同じくTTIの手によるカスタムモデルということだそうです。

M4-Transparent.png
By U.S. Navy, Dragunova, ZStoler - file:M4A1_ACOG.jpg, パブリック・ドメイン, Link
画像はWikipediaより AR-15ファミリーのM4A1カービン。
EMG SAI GRY AR-15 トレーニングライフル AEG BK
画像はAmazonより 劇中使用の物とは違いますが感じの似たタイプのモデルの電動ガン。

ベネリM4

イタリアのベネリ社が開発したショットガンです。もともとはオートバイを製造する会社で今は双方別会社として運営されているようです。M4は米軍用に開発されたショットガンでコンバットショットガンとしてトライアルを勝ち抜き採用されたモデルです。

銃器ソムリエに豪快なものをといい薦められたこのショットガンを劇中ではジョンがAR-15とともに地下通路に忍ばせておき追手の襲撃や不測の事態に備えていましたがどうなったかは映画をご覧ください。
Benelli m4 2.jpg
画像はWikipediaより

etc

その他にもサンティーニの手下が持つ、SIG552やSIG550、M4カービン、NYの殺し屋が使うSIGやM1911クローンであるS&W1911があります。かわったところではNYで襲い掛かる殺し屋の一人スモウレスラー。あとで調べるとスモウアサシンっていう役名だそうで、彼の使う銃はサイレンサー付きのCz-P09というピストルでした。CZはチェコ国有兵器廠(現在は民営化)という意味で、Cz75は世界最高のコンバット用ピストルという評価を受けています。
1977 CZ-75.png
By Vidiot savant - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link
画像はWikipediaより Cz75前期型(後期型というのもあります)
KJW ガスブローバックガン CZオフィシャルライセンス P-09 Duty BK
画像はAmazonよりP09をモデルとした KJWORKSのガスブローバックエアガン

スモウレスラーが殺し屋ってのが衝撃的で普通のSIGかH&Kのセミオートマチックと思っていましたがかなり凝ったピストルでした。またラスボスのサンティーニはベレッタの小型オート、85BBを使用しておりこちらもイタリアの犯罪組織のボスが護身用に持つにはぴったりの小型オートです。

【WAスーパーリアルガン】WA ベレッタ M84FS アルティメット HW
画像はAmazonより 85と同じベレッタの80シリーズのM84のブローバックガスガン

まさに銃器のオンパレードでしたが実はジョンはそれだけではないのは先のエントリでふれました。次回チャプター3では身の回りの物を凶器にして戦いそうな予感もあります。実際今回ガン・フーだけではなくナイフを使うナイ・フー、車を使うカー・フーということ言っていましたから(宣伝で)


YouTube|公式特別映像

最後に

銃の取り回しもトレーニングの成果かスムーズでAR-15のマグチェンジは最近主流のライフルを横に振るアクションでリリース、そしてフルのマガジンを素早く叩き込むというアクションを見せていました。またハンドガンの射撃はダブルタップ(急所に2発叩き込む射撃術)、またはトリプルタップ(3発を叩き込む)、ボディアーマーをつけている場合を想定して止めは必ず頭部に1発という念の入れようでした。

ジョン・ウィックにとっては拳銃は最後の武器では無いでしょう。彼にとってはそれこそ最初の武器。そして使ったときには必ず誰かが仕留められる。つまり最後の武器は彼自身ということです。人間リーサルウェポン、ジョン・ウィックというべきかもしれません。

独断と偏見で選んだジョン・ウィックなりきり用トイガンセレクトbyAmazon。

これさえ持てばあなたもジョン・ウィック?みたいな感じでAmazonのトイガンジャンルから選んでみました。下にバナーリンクを貼ってあります。広告ブロック入ってるとみれないかもしれないので一応書いておくと東京マルイのグロック34、26(以上ガスブローバック)、HK416D(次世代電動ガン)、M3ショットガン(エアショットガン)。WAキンバー・ウォリアー/ジョン・ウィックモデル(ガスブローバック)。BHIタイプCQCホルスター ガバ用ベルトクリップをチョイスしてみました。

劇中に出てきたのと違うのもありますが、まあ雰囲気ということで。黒のスーツで決めてネクタイは暗色系で固めればとりあえずジョン・ウィックに見えるかも?

ホルスターはショルダホルスターではなくドロウのしやすいヒップホルスターで。ウォリアー用にはホルスターではなくグリップにベルトクリップをつけるタイプを選択してみました。またグロック26を足に付けるならアンクルタイプホルスターというのも有りかもしれませんね。

それと前作のショットガンも東京マルイから出ているのでそっちをチョイスするのも渋いかもしれません。
アンクルタイプホルスター 画像はamazonより
画像はAmazonより|グロック26アンクルタイプホルスター
東京マルイ HK 416D 18歳以上次世代電動ガン
画像はamazonより|東京マルイHK416D次世代電動ガン
東京マルイ KSG ガスショットガン
画像はamazonより|東京マルイKSG|『ジョン・ウィック』でジョンが使用したショットガン


広告
広告

0 件のコメント :

コメントを投稿

お読みいただきありがとうございました。ご意見などございましたら、コメントをよろしくお願いいたします。