月9『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』THE THIRD SEASONファーストインプレッション

『コード・ブルー』THE THIRD SEASON始動

『コード・ブルー』はフジテレビで放送されたドラマで、『救命病棟24時』や『医龍』のような医療モノのドラマです。

サブタイトルにあるように『―ドクターヘリ緊急救命ー』とあるように、ドクターヘリで高度な救急救命を行う湘北救命センター(架空の大学、翔陽大学付属北部病院救急救命センター)を舞台にしており、放送当初は耳馴染みのないドクターヘリも認知度が上がりその有用性が広く知られることになりました。

実際にドラマ放送後にいろいろなアクションが起こり、まだまだ普及していると言えないもののドクターヘリ導入の機運が高まるきっかけになったドラマとも言われています。
画像はamazonより|コード・ブルードクターヘリ緊急救命スペシャルBlu-rayジャケット

その『コード・ブルー』のTHE THIRD SEASONが実に7年ぶりに月9枠で放送されることになり、2017/7/17海の日に初回が放送されました。今回はそのファーストインプレッションを書いてみたいと思います。


Season2より7年新たなる挑戦が始まる。

前作『コード・ブルー』2nd Seasonの放送は2010年の正月。数えて7年目の月日が流れたことになりますが、その間にも主要キャストの5人はキャリアを重ね、藍沢役山下智久、白石役新垣結衣、緋山役戸田恵梨香、冴島役比嘉愛未、藤川役浅利陽介はそれぞれ売れっ子といっていい活躍ぶりを見せています。この5人のスケジュールが合うというのも非常に稀ではないかという部分でも開始前から注目を集めていました。
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd Season
画像はamazonより|コード・ブルードクターヘリ緊急救命2nd season Blu-rayジャケット
当時は実年齢より少し上の設定の役柄を演じていた5人でしたが、1st Seasonより数えれば10年の歳月も感じさせつつ久方ぶりの5人の勢揃いを期待していた人も多いと思います。私は基本、刑事ドラマを中心に観る人ですが、医療ドラマも10年くらい前はよく観ていました。観ていたのは上に上げた『救命病棟24時』や『医龍』です。

『救命病棟24時』はその時々の救命医療の抱える問題を取り上げ人気を博し、『医龍』は原作はコミックでそういう外連味を取り入れながら最新医療、先端医療の問題にも取り組んでいたドラマでした。多分『救命病棟24時』はアメリカの人気ドラマ『ER』からヒントを得たと思うのですが、医療系ドラマはそれなりに医療監修の人が入るので荒唐無稽や、いやそれは無いだろっていうのはありつつもギリギリの線で医療の現場の声を入れようとする姿勢が見えます。

実際に人の生き死にを扱うので、あまりにもぶっ飛んだ話にしてしまうとそれこそ各方面から非難が集中しそうなのではないかと推察しているのですが、『コード・ブルー』もそういう医療監修の人たちの声が入っている作品(ドラマというフィクションなので完全ではないでしょうが)ではないでしょうか。

それは公式ホームページの医事監修の方のインタビュー記事(リンク先もあるので番組用なのかどうかは分かりませんが)もあることからそう思っているのですが、しっかりした作品だと思います。100%の救命ではなく助けることができない命もあるという事実から目を背けていないだけでも合格点ではないでしょうか。当然、『医龍』や『ドクターX』みたいにほぼ100%成功っていうのも外科医で基本オペ専門っていう状況下であればokだと思います。

ようはおかれた状況をちゃんと見せるドラマは誠実だなと、そういう事です。だから黒田先生(1st Season、SPでの藍沢たちの指導医、白石を守るため鉄骨に腕を挟まれ切断した。)の腕は神経接合が完璧に上手くいって動きますという話にならないのです。
そして迎えたTHE THIRD SEASONはどうだったのでしょうか?

馴染みの顔、新しい顔、そして新たなる挑戦が始まる。

湘北救命救急センターのスタッフリーダーになった白石、フライトドクターとなった藤川、そして周南周産期センターから湘北救命に復帰した緋山、フライトナースの冴島、湘北の脳外科のエースとなった藍沢。シーズン2の最終回からそれぞれの道を歩んで成長した5人が揃いました。

ですが状況は最悪、新しいフェロードクターは使えない、人手は慢性的に不足。そんな中5件のコールが入り、残念ながら2人の命を救う事が出来ませんでした。また三井が救命を休職することになり、ますます今の体制で救命を回せるのか、不安が募ります。しかしコールはまってくれません。橘救命部長は藍沢に救命復帰を打診しますが、トロント大学の脳外科へのレジデントの話がある藍沢は断ります。

ともかく新人フェローを使えるように鍛えるしかないと名取、灰谷、横峯の3人にフライトナースを目指す雪村の4人を戦力として使えるようにするしかないと白石は決意しますが、そんなおり、地元のお祭りで数多くの負傷者が出たという通報が。人でも足りない中、白石はフェローを連れてヘリで現場に向かいますが…というストーリーでした。

なんといってもあの5人が性格はそのままに頼れるドクターとして(藍沢を除く。彼だけは最初からスーパードクター設定でしたから(苦笑)それぞれが腕を上げてきた状態で、あの初フライトや救命センターでのうろたえっっぷりが嘘のようです(笑)

特に白石と緋山の掛け合いは、ああ『コード・ブルー』だなあと感じました。そして第1話ではクライマックスに祭りの山車が民家に衝突で多数の負傷者がという現場が。1st Seasonから考えれば的確に現場を捌いていく白石、緋山、そして藤川のなんと頼もしいことか。特に藤川の成長ぶりは目を見張るものがありますね。基本コメディリリーフのポジションは変わりませんが1st Seasonと2ndにいた森本先生枠に収まった感ありますね。

そして緋山と白石のアイコンタクトとかもう感動ものですよ。そしてお約束、真打登場とばかりに現れる藍沢。助けた少年の短冊、白石が拾ってそして父親が来た時に藍沢が渡すリレーはきれいに収まっていたと思います。そして1話のラストシーンにもうまくはまったかなと。

その1話のラストに藍沢そうくるかと思いましたが。ちょっと、えっ?そうなんのと。じゃないと話が進まないってのはありますけれど(笑)あとあれ告白?みたいな流れ。メディアは恋愛要素がーって言ってますけど職場恋愛の話は別におかしなことではなく藤川と冴島の事もまだ一波乱ありそうです。でも2nd Seasonのあの流れでそうなってたかというのも、なるほどなっていう感じでそこも時間経過を感じさせてくれますね。

今回脚本家が前のシーズンまでの林宏司さんからフジとNetflixで製作されたドラマ『アンダーウェア』の安達奈緒子さんに変わったことで不安視される向きもありましたが(林さんはこういったお仕事系ドラマを得意にされており『救命病棟24時』や『医龍』も執筆されています)初回のつかみはOKという感じです。

ただ全話をどうさい配していくか。藍沢のトロント大レジデントの件にはTHE THIRD SEASONよりライバル新海が登場。橘、三井の間に生まれた子供(そういえばこの2人もと夫婦設定でいろいろあったの思い出しました)が重い心臓病を患っており移植しか助かる道は無いという重い設定(でも2nd Seasonでも冴島の恋人がALSというのがありましたよね)そういう意味ではつかみはOKだったので今後の展開を見守りたいと思います。

『コード・ブルー』THE THIRD SEASONキャスト

まあガッキーとか戸田恵梨香ちゃんとか、比嘉愛未ちゃんももうちゃんとは言えませんねアラサーですからね(コラッ!、そして山Pもアラサー(コラッ、浅利くんも(ですよねーってヲイ!
とは言え皆、全然若々しいですよね。まあずっとTVで観ているせいかもしれませんが。

反対に橘先生役椎名桔平さんとか三井先生役りょうさんとか、背負ってるものが大きすぎる設定なので、失礼ながらすごく老け込んでいる感じが(^^;でもそれだけ2人の精神的なものの深刻さを物語っていると思います。これは演技力の勝利だと思います。

あとCSのお姉さんが遊井亮子さんから元iconicの伊藤ゆみさんに変更に。飛行機好き?(空き時間にプラモを作ってる?)な設定はちょっと面白いなと。あ、ヘリパイロットの安西さんこと寺島兄貴は続投です。新人ヘリパイロット君とか脇役にも注目かもしれません。

新人フェローは名取に有岡大貴、灰谷に成田凌、横峯に新木優子。そう『CRISIS』のハッカー大山玲の彼女です。クールな大山から一転、ちょっとミーハーなところがある楽天家のフェローです。今後が楽しみな女優さんです。そしてフライトナースを目指す雪村に馬場ふみか。彼女は『仮面ライダードライブ』で敵ロイミュードのメディック役として出演。ロイミュードを癒す役から人間を助けるナース役へ。彼女も今後の活躍を期待したい人です。

『コード・ブルー』THE THIRD SEASON今後の展開は?

朝日新聞社のMD902「あさどり」(JA01AP)
By J o - Photo taken by J o., CC 表示-継承 3.0, Link
画像はWikipediaより ドクターヘリと同型機MDエクスプローラー
まあ初回16%もの数字をとったことですが、ドラマは2回以降。しかも最近は口コミで数字を最終回に伸ばしてくる作品もあります。どういう展開になるかによっては厳しくなることも十分予想できます。なんといっても最近の月9はどん底で一桁代もあったわけですから。

最後に映った短冊「黒田先生の救命を越える救命を作る 絶対やる!わたしたちで!!」白石がかいたものでしょうか?これが実を結ぶのか?黒田先生(柳葉敏郎)のゲスト出演はあるのか?湘北救命センターはこれからどうなるのか?いろいろと熱い夏になりそうです。



追記20170922:公式に従いseason3からTHE THIRD SEASON表記に変更いたしました。
広告
広告

0 件のコメント :

コメントを投稿

お読みいただきありがとうございました。ご意見などございましたら、コメントをよろしくお願いいたします。