アーマードトルーパーvsナイトメアフレーム

『装甲騎兵ボトムズ』のATと『コードギアス反逆のルルーシュ』のKMFどちらが強い?

スーパーロボット大戦ならこういう夢のカードもあり得るかもしれないですね、いやあるかもう。(あっ記事が終わってしまった)
装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ レッドショルダーカスタムROBOT魂 コードギアス [SIDE KMF] ランスロット・エアキャヴァルリー
画像はamazonより
装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ レッドショルダーカスタム|バンダイ©サンライズ
ROBOT魂 コードギアス [SIDE KMF] ランスロット・エアキャヴァルリー|バンダイ(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design(C)2006-2008 CLAMP・ST
第2次スーパーロボット大戦Zで2つの作品の共演があるそうですがゲームを未プレイなためどういうスペックでどうパワーバランスをとられているのかは分かりません。

ただこの2つのロボット兵器は共通点があります。それはどちらも全高4メートル程という大きさに設定されているという事です。また移動方法もATのローラーダッシュ、KMFのランドスピナー(補助輪ローラー)など共通している点が多く見られます。

元々エキブロのweb-tonbori堂ブログでも同様なエントリをあげておりまして、そちらは『アーマードトルーパー対ナイトメアフレーム』というタイトルでした。その時は簡単にまとめて書いたものでした。
アーマードトルーパー対ナイトメアフレーム : web-tonbori堂ブログ

今回もそれほどアップデイトしたものではありませんが、このネタ本当に時々夢想するんです。そこを上手くついているゲーム『スーパーロボット大戦』っていうのは凄いモノなんですが、tonbori堂としては出来ればコンバットシミュレーターのようなシューティングモノでそういうゲームが出来ればなあと常々思っています。

ゲーム『A.C.E(Another Century's Episode)』はけっこうそこを上手くついているらしいのですがやったことがないんですよね。どうなんでしょう。ATとKMFが登場していないというのも少し躊躇したところがあります。マクロス系には心が動きましたが結局未プレイのままです。


アーマードトルーパー(Armored Trooper)

略称はAT、劇中ではAT(エーティー)と呼ばれています。アストラギウス銀河でギルガメスとバララントの2大勢力が百年に渡って繰り広げている百年戦争の後期に登場した惑星メルキアで開発された一人乗りの戦闘兵器です。
画像はamazonより装甲騎兵ボトムズ 24SAKリバイバルコレクション 01 スコープドッグ|タカラトミー©サンライズ

歩兵の能力を高め市街地での掃討作戦や、平地での集団戦闘や高低差のある山岳地に侵攻するために開発された兵器です。

戦車のような分厚い装甲や大きな大砲をもっているわけではないですが、手持ちの兵器の選択で数多くの戦況に適応し、その大きさで心理的圧迫感をもって敵を威嚇できるという利点があります。

その一方で容易に撃ち抜ける装甲や、狭いコクピット、生存性の低さは搭乗員から「ボトムズ(最低野郎)」と言われるほど。各部を駆動しているのはマッスルシリンダーという人工筋肉で筒状の中に収められた人工筋肉が電気信号によって伸縮して動くようになっています。筒の中にはポリマーリンゲル液という液体が満たされそれによって人工筋肉が素早い動きなどを出来るようになっているのですが、短時間で劣化するため一定の期間で液体の交換が必要になるなどデメリットもあります。

アーマードトルーパー(AT)で一番普及しているのはATM-09-STスコープドッグでしょう。作戦に応じてミッションパックと呼ばれる背部に装着する兵士の背嚢のような部分に予備の弾薬やPR液のフィルターを搭載して行動時間を伸ばすなどが出来たり追加武装のコントロール機器とキャノン、ランチャーなどを装備出来るなど多様性も確保されています。

コクピットは胴体部に設けられその居住性は劣悪です。装甲は紙切れ同然。さすがに歩兵の小銃弾や機関銃クラスは防げるようですが、アンチマテリアルライフルや機関砲に対しては抗しきれず、またミサイルランチャー、ロケットランチャーなどの歩兵携行兵器でも当たれは撃破できます。

もっとも正面火力は歩兵の比ではないので歩兵相手には恐ろしい敵になりうる兵器だといえるでしょう。他に湿地戦用のマーシィ・ドッグ、走行系を強化、ローラーダッシュのスピードを上げたターボカスタムなどのバリエーションも豊富なスタンダード機体です。

他にもヘビー級スタンディングトータス、湿地戦用特化のダイビングビートルなどの機体があります。

ナイトメアフレーム(KnightMareFrame)

そもそもこのメカ、ボトムズのアーマードトルーパーを参考にしているそうで、同じく高橋良輔監督作品の『ガサラキ』のタクティカルアーマー(TA)も、谷口悟郎監督が同作品に助監督として参加していたことも有りその装備も発展形がナイトメアフレームに装備されているそうです。
画像はamazonよりIN ACTION!! OFFSHOOT サザーランド (一般機)|バンダイ(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design(C)2006-2008 CLAMP・ST

タクティカルアーマーの話まですると膨らみすぎるのでナイトメアフレームに戻しますが基本的にこのロボット機動兵器、用兵思想としてはATに近いものがあります。ナイトメアフレームというのは悪夢の機体という意味ではなくKnight(ナイト/騎士)Mare(メア/馬)の機体という意味で略称はKMFですが劇中ではナイトメアと呼ばれていたと思います。(旧日本軍レジスタンスなどではまた違った呼び名がありましたが)

騎士の乗り物として(物語の舞台となる世界観では敵となるブリタニアはイギリス連合王国が別の発展を遂げた王制の国、欧州連合などと鎬を削る戦いをしています)開発されたため、ランス(槍)やマントを装備した騎体もあります。

作中で一番出てくるのは(主にヤラレメカとして)サザーランドが挙げられます。騎体としては第5世代に属すると設定されており完成度の高い兵器です。ここらへんがボトムズでいうところのスコープドッグのようなものでしょうか。コクピットは胴体後部に張り出した格好でパイロットが搭乗。緊急時にはコクピットブロックがパージされるなど生存性はATよりも高いようです。ですが居住性はどっこいどっこいのようで4mクラスだとどうしても窮屈になるのは仕方がないでしょう。

サザーランドやグラスゴー、イレブンの反抗分子が使用するグラスゴーの改良型無頼あたりはアーマードトルーパーっぽいところがありますが、物語がルルーシュのビルドゥングロマンであると同時に呪われた王子であるスザクの物語でもあり(彼は主役ではないけれどストーリーの片翼を担っています)そのスザクの乗騎がどうしてもヒロイックになり、いわゆるロボットアニメの主人公機然とするのは避けられないところのようです。

スザクの乗騎はランスロット。KMFはアーサー王の伝説を名称を多くつけていますが中でもスザクの乗騎がランスロットというのは示唆的であります。作中では第7世代騎体として位置づけられハイスペックの実験騎体として使用されていました。また王の専属騎士団ナイトオブラウンズはそれぞれアーサー王伝説にちなんだ名称のKMFを乗騎として所有しています。
ROBOT魂 [SIDE KMF] ランスロット
画像はamazonよりROBOT魂 [SIDE KMF] ランスロット|バンダイ(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design(C)2006-2008 CLAMP・ST

どちらが強いのか?

単機で考えるとKMFの方が強いのではないかと思われます。あくまでもスコープドッグとサザーランドあたりを比較してですが。サザーランドの装備にはランドスピナー以外にスラッシュハーケンという打ち出し式アンカーを装備しています。スコープドッグにはローラーダッシュ機構と高速ターンをするための装備としてターンピックというスパイク射出機が脚部、足の外側の甲に装備されていますが打ち出し式のワイヤーアンカー装備はもっていません。

このスラッシュハーケンが移動にもつかえるし武装としても使えるため立体攻撃が可能となっている分、有利ではないかと思えるのです。但し接近戦になるとスラッシュハーケンをかいぐぐればATはアームパンチを相手のボディに叩き込むことが出来ます。

アームパンチはスコープドッグに標準で装備されている固定武装で、他の武装はオプションで、唯一の固定武装がこのアームパンチです。液体炸薬のカートリッジで腕を射出する武装で鉄の拳で相手を破壊する原始的ながら強力な武装です。至近距離の打突はさすがにエネルギーシールドでも防ぎきれないのではないでしょうか。

KMFは第4世代のグラスゴーは、スコープドッグ並みの紙装甲のようですが第5世代のサザーランドからはエネルギーシールドという装甲強化策がとられており通常弾では傷もつかないという事でしたが、直接攻撃ならばまだ有効性があるやもしれません。

またナイトオブラウンズの使用するKMFはスザクも含めて反則気味な機体が多く、R2以降は空飛ぶ騎体も増えてきました。ロボットを飛行させるというのは歩くシーンが大変で(動かす動画の手間が大変)ガンダムのMSでドムがホバーでガンダムがランドセルからの噴射でジャンプするのは主にそういう事です。ATやKMFはそこをローラーダッシュで解消しているという話で映画公開されている『コードギアス亡国のアキト』のアレクサンダはCGのため4脚歩行するシーンがありました。

ATは飛行ポッドやドッグキャリアーなどのオプションは飛行するものではなく空挺作戦や宇宙空間での移動、またはスキッドをつかった砂漠地帯などの高速移動用でしありません。どうしてもフロートユニットなどの飛行ユニットを装着したKMFに分があります。戦車相手に上を取るのが有効なのと同じ理屈です。もっとも超絶機動が出来るのは選ばれたパイロットだけでしょうから一般パイロットだと、チャフ、フレアを装備していないとATで狙撃は可能できるかもしれませんがエネルギーシールドで有効な打撃をあたえられるかは不明です。ロッグガンならば撃破可能かもしれません(当てるのと次弾発射で苦労しそうですが)

ただ本格的な戦闘に移行するとなるとギルガメス軍(メルキア軍)は宇宙空間からの軌道爆撃後に揚陸艇でAT部隊を送り込みという作戦をとるでしょうから大した航空戦力も無く、宇宙空間での戦闘(開発すれば出来るでしょうが)に不慣れな地球側、ブリタニアなどはひとたまりもないでしょう。(あっ終わってしまった)

もう一つ『装甲騎兵ボトムズ』の主人公キリコ・キュービィーと『コードギアス反逆のルルーシュ』のエースパイロット枢木スザクの対決は多分決着つかずでしょうね。死なないようギアスの呪いがかけられたスザクに、異能生存体のキリコ。これは全く勝負がつかないでしょう。

結果は?

ということでエースパイロット対決になるとドローという事で終わりそうです。実際にはAT、KMF共にそれぞれ武装的にも遜色ないのですがグラスゴーあたりならばATでも数で押せそうですがエネルギーシールド装備のサザーランド以降には歯が立たないようです。ベルゼルガのような特殊機体ならばKMFの特殊騎体に勝てる気がしないでもないですが、ああそれは微妙って気もします。ただパイルバンカー装備機体はいろいろ背負ってますからワンチャンスがあれば撃破も可能できるのではないかと。なにせクエント素子つかっていますから(ちょっと違うか)

それにATのヘヴィマシンガンは威力がけっこう強力です。弾種も豊富でエネルギーシールドの耐久性はユグドラシルドライブがエネルギーを供給する限り有効とありますが数で押されると危険かもしれませんね。少なくとも劇中描写では戦車をも破壊できる威力のあるソリッドシューターなどもあるので無敵と思っていたら貫通される恐れは十分にあります。

ですがATの装甲はそういう便利機能が無いのでそこはやはりKMFに譲る部分ではありますね。メルキア軍がKMFを手に入れたらばATにその技術を応用して生存性を上げた無敵ATを作りそうです(笑)『青の騎士ベルゼルガ』に出てきたカラミティドッグ、ブルーバージョン、ゼルベリオスのような超絶ATを。
画像はamazonよりメカアクションシリーズDX ゼルベリオス VR-MAXIMA|シーエムズコーポレーション©サンライズ協力伸童舎

KMFにあってATにない物は他にもありますね。フロートユニットです。ATは基本的に空が飛べません。フロートシステムで空中から狙われたらATはひとたまりもないのは上で述べた通りです。そうなるとATは航空支援が必要となり戦闘ヘリか航空機の支援または宇宙空間からの母艦による衛星軌道よりの制圧爆撃(あ、また勝負ついてしまった)になってしまうことになりかねませんが(苦笑)どうしてもtonbori堂が好きなATに判官贔屓してしまいますね(苦笑)
画像はamazonよりパイルバンカーを装備しているAT|アクティックギア ベルゼルガ AG-V06|タカラトミー©サンライズ

ひいきをさっぴいても一般兵だけで比べるとけっこういい勝負しそうな気がしますがいかがでしょうか。個人的にはこういう同程度の大きさを持つロボットが戦うシミュレーションシューティングなゲームがどこかで出ないかなとと思っているのですが…どうでしょう?、バンダイナムコさん!(笑)ということでこのエントリを〆たいと思います。
装甲騎兵ボトムズ
画像はamazonより PS2用ゲーム「装甲騎兵ボトムズ」©サンライズ

参考:Wikipedia:コードギアスシリーズの機動兵器一覧
ボトムズオデッセイ みのり書房(リンク先はamazonの商品ページ)

広告
広告

0 件のコメント :

コメントを投稿

お読みいただきありがとうございました。ご意見などございましたら、コメントをよろしくお願いいたします。